■プロフィール

狸田太一

Author:狸田太一
声やったり、MUGENやったり、ゲームやったり、色々と中途半端。
私の声が欲しい時は、ぜひ声をかけて下さい。
多分喜んで応じます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
たぬきについて語ろう。
11月ですね。いや、早いものです。
……ホントにね!

まあいいや。

今日は、なんとなく、たぬきについて語ろう。
語りたい病です。

で、何を語るかと言うと。元ネタとか。
まぁ、できるまでとか。

そう、あれは……いつだったか。
まだ私が狸田太一で無い時でした。
その当時の名前が嫌だったんですよね。
検索しても違う事ばかり出てくるし、何より、どっかの大王の略称とは知らなかったので。
だから思い切って、名前と、ホームページもリニューアルしようと思ったんですよ。大して変わって無いけど。

で、色々考えた末に、狸田太一という名前が浮かびました。
由来は、本名の捩りです。

で、やっぱり、名前に「狸」という文字が入ってるから、狸をマスコットにしようと思い、google画像検索で、「狸」を調べました。
で、その時に出てきた画像で、一番書きやすかったのを、鉛筆だかシャーペンだかで軽くスケッチしました。
(その時に、たぬきでは無くアライグマと間違えた可能性大)
その後で、パソコンで清書。

しかし、顔まで描いた段階で思いました。
めんどくせぇ……そのまま本物の狸っぽい胴体を書くのも味が無いなと。
なので、いっそ、二頭身にしてしまえと思い、現在の形に落ち着きました。
バナーも、トップのイラストの「たぬき(なんとなく可愛いからという理由で、ひらがな)」を縮小し、減色して、綺麗に修正して、できました。

さて、その後、かなりしばらくして、私はMUGENに興味を持ちました。
しばらくは動画を見てるだけだったんですよ。
何せめんどくs……敷居が高そうなイメージと、かなり容量喰いそうなイメージがあったので、なかなか導入する覚悟が決まらなかったんですね。

しかし、ある日、キャラクターを作ってみたいと思いました。
それで、しばらく悩んで、MUGENを導入する覚悟を決めました。
導入は、色んなサイトを見ながら、なんとか完了し、キャラを色々と集めてみました。
そして、キャラクターの導入の仕方がわかったら、キャラクター制作開始です。

とりあえず、基本的なドットはバナー作成の段階で、すでにできているので、それを少し改変するだけで済みました。その頃はまだ、いかにして手を抜くか……枚数を少なくするかを考えてましたからね。

さて、とりあえず無限小学校を見ながら、必要なツールをダウンロードして、早速制作を開始。
ベースは、kfmj(和訳カンフーマン)です。
画像の登録作業は、面倒ですが、わりと簡単に済みました。

次に、アニメの登録ですが、当時はよく分かってなかったんですよね。
とりあえず、それっぽい動きを作成し、さっそく実戦で使ってみました。
……何故かたぬきが消えます(汗)
原因は、アニメの表示タイムが0になっていただけなんですけどね。当時は、それすら分からずに、数日悩みましたよ。ええ、本当に。
で、色々いじっているうちに解決。アニメの表示タイムが0になっていると姿が消えるという事を学びました。

その後も、色々悩み、ジャンプ攻撃が終わらない等の問題が発生しましたが、スルーしました。

通常攻撃のモーションが浮かばないので、ほぼ2ボタンにしました。

必殺技も、使いまわしで何とかなる基本的な所は揃えたいと思い、考えました。
そして、当時は、GGXXシリーズが好きだったので、ソルの「ヴォルカニックヴァイパー」を捩り、「タヌキニックヴァイパー」
しかも、狸肉ヴァイパーですよ。狸の肉(尻尾)でヴォルカニックヴァイパーですよ。当時は、かなり良いネーミングだと思いましたよ、本当に。
とりあえず、これで対空技ができました。
が、他に技が思い浮かびませんでした。
しかし、とりあえず突進技、もしくは移動攻撃技が欲しかったので、何とか考えた結果、カイの「スタンディッパー」を捩り、「タヌキディッパー」になりました。
そして、なんとか決まった二つの技を制作。
タヌキニックヴァイパーは、カンフーニーを弄り。タヌキディッパーは、カンフー突き手を弄りました。
この段階では、猛威を振るっている分身は無かったんですよね。

ちなみに、投げはよく分からなかったので、その段階では、スルー。

で、そこまで出来たら、音声の収録。
たぬきのキャラクターについて、そこまで考えた事無かったんですよね。
だから、とりあえず、のんびりしてる、マイペースな感じで収録しようと思ったんですよ。後、腹黒い。
その際に参考にしたのが、私の好きなゲーム、「アンリミテッド:サガ」の「アーミック(CV.子安)」というキャラクターです。アーミックに腹黒さはありませんが。
気になる人は、動画を探すが、ゲームをプレイしましょう。>>3されない事を祈ります。

で、普段は、のんびりだけど、超必殺技の時だけ、本気声になるという設定になりました。
いや、単純に必殺技名を叫びたかったという理由もありますが。
で。叫ぶ時は、できる限りソルっぽい感じにならないように気をつけましたが、どうも動画内でのコメントを見る限りだと、近づいてしまったみたいです。
まぁ、結果としては成功だったのか、失敗だったのか。

で、それから、どっかのサイトで、飛び道具の無いキャラは使う気にならないという文章を見たので、追加する事に。
とりあえず、使い回しができる、分身にしました。
で、京の闇払いを参考にして、なんとか完成。これにも数日かけましたけどね。

まぁ、それから色々あって現在のたぬきができました。
いや、これ以上語るのは面倒キリが無いと思いまして。夜も遅いですし。眠くなってきましたし。

というわけで、失礼します!
スポンサーサイト


MUGEN | 01:51:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。