■プロフィール

狸田太一

Author:狸田太一
声やったり、MUGENやったり、ゲームやったり、色々と中途半端。
私の声が欲しい時は、ぜひ声をかけて下さい。
多分喜んで応じます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ぞうの紹介動画!ついに公開!


で、ニコニコで公開してきたわけですが、色々と突っ込みが多いですね。
コメントくれた方、ありがとうございます。

とりあえず、適当にいくつか。

・そんなパイルバンカーがあるかw どこらへんがパイルバンカーなんだw
体ごと敵に突進して牙をぶつけ、そのまま牙をのばして攻撃する。どうみてもパイルバンカーです。

・死体の殴られ判定
盲点だった。次に調整する時に直しておきます。面白いんだけど、バグは怖いしね。

・密漁
密漁はしないけど、密猟はするぜ!って意味……ではなく誤字です。


うん、駄目だ、頭が回らない。寝よう。
というわけで、今日はこの辺で失礼しますー。

スポンサーサイト
MUGEN | 01:10:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぞうの必殺技、完成!
というわけでどうも、狸田太一です。
ぞうの必殺技が完成しました!
完成と言っても、調整が済んで無いのですが。
一応、必殺技はこれで全部にするつもりです。
ネーミングは……一部がまだです。がんばります。

前回から追加したのが、
突進技、ほぼ全地上判定技、突進超必、投げ超必ですね。

突進技は、分かりやすく言うと、承太郎のオラオラですね。

ほぼ全地上判定技は、ぶっちゃけ威力の低い地雷震。
しかし、屈みにも当たる。ガードできるけど。
ちなみに、なぜ「ほぼ」なのか。
それは、私がエフェクトのサイズを間違えたから。

突進超必は、上記のオラオラの強化版というか長い版というか。

投げ超必は、掴んで、振り上げて叩き付けですね。

うん、芸達者なぞうだ。


残る作業は、勝利ポーズ、挑発、回り込み、ゲージ溜め、効果音、声の収録、組み込み、AIですね。
って、後少しかと思ってたのに、書いてみたら結構ある。
がんばろう。

MUGEN | 20:22:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぞうの必殺技-初めてのReversaldef-
どうもこんにちは、狸田太一です。
前回の記事から、ぞうの必殺技が二つ追加できました。
本当は1週間くらい前に出来てたんですけどね、書く暇がありませんでした。

とりあえず、対空技と、少し特殊な技ですね。
対空技は、弱で打撃。強で投げになります。
以前書いた地上投げと同じパターンですね。
ぶっちゃけ、ディーサイドとディーサイド・スレイヤーです。
しかし、つかめる範囲が狭いので近すぎると掴めないという欠点が。

さて、もう一つの必殺技は、弱で出すと当身、強で出すとスーパーアーマーで攻撃です。
下の画像が、その当身・スーパーアーマー部分になります。(上手く出力できなかったため、実際の速さとは異なります)、
はじめてのreversaldef

弱は、成功すると、無敵状態で反撃を行います。
こちらは、Reversaldefと、HitOverrideで処理してるので、後ろからの攻撃にも反応してしまうのが難点。

強は、一定時間後に攻撃を行います。
こちらは、HelperにHitOverrideで攻撃を受け止めてもらってるので、攻撃判定が長い攻撃とかだと、貫通されてしまうのが難点。
当然、後ろから殴れる。
しかし、処理の問題上、飛び道具無敵がついてるので、後ろからでも飛び道具は喰らわない仕様。

ちなみにどちらも、投げ無敵は無いので、容赦なく投げてやりましょう。
って書いたら投げの無いキャラクター(東方キャラ等)はどうしようと考えたのですが、
弱なら、4回転目から、終了時硬直まで(16F)の間に、殴るか撃つかで。
強なら、ジャンプして、下に向かって飛び道具を撃てば対処可能なはず。東方キャラなら可能なはず。

とはいえ、公開後に調整入るかもなんで、なんとも言えない。


とりあえず、これで、象の必殺技は4つですね。
弱と強で性能を変えているため、
移動攻撃、移動投げ、遠距離打撃、遠距離投げ、対空打撃、対空投げ、当身打撃、アーマー付打撃と、
結構な種類はありますね。

後1~2個の必殺技と、超必殺技を考えないとな。
あとネーミングか……うーん。

MUGEN | 17:31:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。