■プロフィール

狸田太一

Author:狸田太一
声やったり、MUGENやったり、ゲームやったり、色々と中途半端。
私の声が欲しい時は、ぜひ声をかけて下さい。
多分喜んで応じます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ねんがんの おんせいをとりなおしたぞ!
というわけで、過去の音声を削除!
ようやく削除できたー!

録り直した音声を聞いてみると、あの頃よりは上手くなったのでは無いかと思われます。
いやー、過去の音声とか聞いてみると酷いですよね。

さてさて、本日はナレーションのサンプル用に一本録りました。
しかし、サンプルにしては特殊すぎないかと思う訳ですが、これは「こういうのもやりたい」という思いと、「ヤリタカッタダケー」な思いが強かったためですね。
なので、もう少し普通の感じのナレーションをしたいところです。
そのためには、台本書かなきゃいけないんですが、その辺苦手なんですよねw
頑張りたいとは思います。
そういえば、終わった後に、何故か数秒の空白ができるんだけど、なんなんだろう、アレ。
何回編集しても消えないんだよね。

ちなみに今回の台本↓


美女だらけの村 / 狸田太一

昔々あるところに、「美女だらけの村」があったそうな。
その村は、名前の通り、美女だらけの村で、
その噂を聞きつけて、一人の若者がやってきた。

しかし、右を向いても、左を向いても美女はいない。
むしろ、右を向いても婆、左を向いても婆。これでは婆だらけの村である。
話しを聞いてみると、この村は。「美女だらけの村だった」そうな。

ああ、なるほど、昔々ってね。そりゃなんというか、ご愁傷様でした。



メモ帳に適当に書いたものすぎるw
しかし、案は前々からあったので、私にしてはスムーズに書けましたねw
書き直し回数は一回で済みました。

それにしても、もう少し読み込みした方が良かったかな。
全体作業が一時間かかって無いぞ、きっと。
まあ、録れる内に録っておかないと、いつ録れなくなるか分からないからね。

ではでは、この辺で失礼致します。

スポンサーサイト
声関係 | 17:55:11 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。