■プロフィール

狸田太一

Author:狸田太一
声やったり、MUGENやったり、ゲームやったり、色々と中途半端。
私の声が欲しい時は、ぜひ声をかけて下さい。
多分喜んで応じます。

■カテゴリ
■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■リンク
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ロッドでガードとかマジっすか!
ファンタシースターポータブル2インフィニティの公式ブログでロッドでガードとか書いてあった!
http://ameblo.jp/phantasy-star-portable2/entry-10691245780.html
下の方に小さくな。
しかし、これは期待せざるを得ない!

そういえば、ファミ通の「ファンターシースターポータブル2 パーフェクトバイブル」(通常バイブルック)の訂正表が出てましたね。
http://ameblo.jp/phantasy-star-portable2/entry-10691245780.html
……ドロップ表の間違いは酷いっす。おかげで物凄い時間を無駄にした気分っす。
どこの源氏シリーズだよ。

あと、タイプ毎のパラメーター補正も訂正されてましたね。
あれを信じて、レンジャーで前線もいけると突っ込んでいった私が馬鹿でした。
そうすると、過去に書いた記事も間違いだったという事になりますね、チクショー。


そんな中、ちょっと前に、レンゴクトウ・エンサを初めて手に入れました。何故か二本くらい近い間隔で。
いやー、手に入れると「煉獄剣士」の称号までもらえるこのアイテム。敵を倒せば、そのミッションの間だけ攻撃力が追加されていくという面白いものなのでさっそく使ってみたのですが……
弱いよ!?本当に!シズルはよくこんなん使ってられるな!
そんなレベル。がっかり剣士だよもう。
一応氷45%と、土23%だけど、せっかくだから、イメージ的に炎属性か闇属性がよかったな。使わないけど。

あと、スヴァルタスソードを手に入れました。要らないけど。でも雷39%です。
以前手に入れたスヴァルティアトマホーク氷5%と入れ替えてくれ。名前似てるから。

そうそう、属性といえば、持っている属性値0%の武器。

ヴィシ・アダン 闇0%(ドロップ)
ヴィヴィアン 氷0%(パートナー)

ドロップは分かるが、ヴィヴィアン(キャラクター)から渡された時の衝撃は……w

ヴィヴィアン「私、あなたを誇りに思います!」

ヴィヴィアンから
ヴィヴィアンを一個受け取った。

氷属性0%

本来のヴィヴィアン(キャラクター)が装備しているヴィヴィアン(武器)は炎属性。
反対属性の上に0%とは……(´・ω・`)コンチクショウ

でも、基本ソロ専の私は、便利なので、ヴィヴィアンはマガシさんとセットでスタメンです。
あと、パートナーマシナリー。
……キャストしかいませんね。


まぁいいや、では、失礼します!

スポンサーサイト
ゲーム | 22:41:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
ぞうの屈み攻撃ができた!
画像は地味にお気に入りの屈み強K。かわいい。
実際にMUGEN上で動かすと、もう少し早いかもしれない。
zou_chk.gif
一段目が発生9Fで、二段目が21Fで中段です。
余裕で見えますね。多分。
一段目は、かなり接近してないと、カンフーマンのニュートラルにスカりますね。しょうがない。
その代わり、対空として考えると、そこそこ使える。カンフーマンくらいなら、ジャンプ見てから間に合う。ガードされるけど。
一段目をスカると、二段目だけでの攻撃になりますが、中段なので、多少の揺さぶりになりますね。
しかし、AIのカンフーマンに、見てからカンフー突き手余裕でした、されました。現実は非情である。

さて、次はジャンプ攻撃だ!がんばるぞ!

しかし寒いね。ほんとに寒い。寒い。
大事な事なので三回言いました。寒い。

MUGEN | 18:23:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
ボイスパッチの記述。
はい、どうも狸田太一です。今日は寒いですね。

つい最近、カンフーマンと、SuaveDudeのボイスパッチを更新し、
更新しやすいように記述を、[Statedef -2]と[Statedef -3]にまとめました。
そして、カンフーマンは、AIの関係から、組み立て式に変更しました。
そのリードミーの一部をコピペ。


まず「kfm_voicepatch.txt」を開き、
「;--|ここから[Statedef -2]の下に貼り付ける|----------------------------------」
という記述から
「;--|ここまで[Statedef -2]の下に貼り付ける|----------------------------------」
という記述までを、[Statedef -2]の下に、貼り付けます。

次に、
「;--|ここから[Statedef -3]の下に貼り付ける|----------------------------------」
という記述から
「;--|ここまで[Statedef -3]の下に貼り付ける|----------------------------------」
という記述までを、[Statedef -3]の下に、貼り付けます。


うん、多分分かりやすいと思うから大丈夫だと思うんだけど、もしかしたら、分からないとか、面倒とか、そういう意見が出そうではありますね。

ちなみに、新バージョンのカンフーマンでは、実験してません。
うちのMUGENはいまだに旧バージョンなので、動かないからです。

後、多分[Statedef -2]の下に全部貼り付けても大丈夫だとは思う。



そうそう、SuaveDudeのパッチを更新する際に気付いたのですが、[Statedef -2]と[Statedef -3]で、
トリガーを「AnimElem = 1」にすると、反応しないという事がおこりました。
仕方が無いので「AnimElemTime(1) = 1」に書き換えました。

「AnimElem = 1」の方が、「AnimElemTime(1) = 1」よりも書くの楽だから、ついつい使っちゃうんですよね。


そういえば、喰らいボイスの記述の変更もしましたね。
これは、ボイスパッチだけでなく、たぬき以外の自分のキャラ全員です。
たぬきは、喰らいボイス一つしか無いので変更無しですw
まだMUGENをよく分かってなかった時に作ったので、登録の番号もメチャクチャですしね、下手に変更すると、わけわかんなくなりますw
とりあえず、この更新により、しっかりと、三段階分、喰らいボイスが出るようになったはず!
でも、聞きなれてない分、ちょっと違和感がw

まあいいや。
では、失礼します!


MUGEN | 01:18:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
【MUGEN】てがきなチームリーグ【part30/最終回】

というわけで、最終回!投稿してきました!
ようやく、ですね!

さて、決勝戦の曲は「Good Dreams」になりました。
何故かと言うと、part26で、同じ組み合わせでの曲が、「Bad Dreams」だったから。
そんな理由で、この曲になりました。良い曲ですよ。

エキシビジョンは、何と言うか駄目ですねw
エアリスをしばらく動かしてないせいか、弱攻撃→中攻撃の目押しすらミスるというザマ。
そして、ドロウィン氏が更新されたので、試してみたら、弱くなっていたという事実wコンボ安定しなくなったw
こぶたは、超マシンガン(仮)がドラクロに当たらないという事態が発生し、泣きたくなりましたw
最後は結局負けるしねw
そういえば、ドロウィン氏の音声が、少し良くなってたなー!慣れると、あの声も悪く無い。

それにしても、かなり投稿が遅れましたね。
いや、理由は簡単で、絵が遅れてたという理由なんですが。
とりあえず今回で、自分は絵が下手だなぁ、と思いました。
なかなか、思った通りに描けなくて、こんなに時間がかかってしまいましたからね。
なお、途中で絵柄が変わってるような気がするのは、気のせい……じゃないと思うよ!
描き始めから、かなり時間が経ってるからね。
多少は上達していれば、いいなぁ。

まあ、とりあえず今日は眠いから寝よう。では、失礼します!


おまけ
「泣く泣く削られたミクのバスト」
踊りと歌チームの書き直し(下書き)
ビフォア

アフター
踊りと歌チーム


MUGEN | 02:36:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
ねんがんの おんせいをとりなおしたぞ!
というわけで、過去の音声を削除!
ようやく削除できたー!

録り直した音声を聞いてみると、あの頃よりは上手くなったのでは無いかと思われます。
いやー、過去の音声とか聞いてみると酷いですよね。

さてさて、本日はナレーションのサンプル用に一本録りました。
しかし、サンプルにしては特殊すぎないかと思う訳ですが、これは「こういうのもやりたい」という思いと、「ヤリタカッタダケー」な思いが強かったためですね。
なので、もう少し普通の感じのナレーションをしたいところです。
そのためには、台本書かなきゃいけないんですが、その辺苦手なんですよねw
頑張りたいとは思います。
そういえば、終わった後に、何故か数秒の空白ができるんだけど、なんなんだろう、アレ。
何回編集しても消えないんだよね。

ちなみに今回の台本↓


美女だらけの村 / 狸田太一

昔々あるところに、「美女だらけの村」があったそうな。
その村は、名前の通り、美女だらけの村で、
その噂を聞きつけて、一人の若者がやってきた。

しかし、右を向いても、左を向いても美女はいない。
むしろ、右を向いても婆、左を向いても婆。これでは婆だらけの村である。
話しを聞いてみると、この村は。「美女だらけの村だった」そうな。

ああ、なるほど、昔々ってね。そりゃなんというか、ご愁傷様でした。



メモ帳に適当に書いたものすぎるw
しかし、案は前々からあったので、私にしてはスムーズに書けましたねw
書き直し回数は一回で済みました。

それにしても、もう少し読み込みした方が良かったかな。
全体作業が一時間かかって無いぞ、きっと。
まあ、録れる内に録っておかないと、いつ録れなくなるか分からないからね。

ではでは、この辺で失礼致します。

声関係 | 17:55:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。